大は小を兼ねたいけどね・・・・・2

何でもないこと、つらつらと綴ってます・・・

葬式は営業だ!

じーちゃんが亡くなった時に入った互助会。

ばーちゃん。

とーちゃん。

各50万円のコース。

17万円弱貯まってた。

 

家族葬にしたいです。」

と、とーちゃん。

「喪主様の分も足して、34万円支払いに充当出来ます。」

「ばーちゃんの分だけでいいんですけど。うちのは使いたくないです。別だから。」

と、あたし。

「支払いがお安くなりますよ?」

「じゃあ、使います!」

と、とーちゃん。

えええ?納得出来ない~

でも、とーちゃん、いらんとこで強気。

結局使うことになった。

 

あれやこれやと打ち合わせしたら、170万円弱!

お寺のお布施とか合わせたら、200万円超すやん!

 

「貧乏人は死ねませんね・・・・」

葬儀社の人に、思わず言った(笑)

 

「これでよろしいですか?」

とーちゃんが確認して、

「はい、お願いします。」

 

どこにそんな金が・・・

裏喪主、頭の中でそろばんを弾く。

ああして こうして ここの金をこっちへ あっちへ あれが入ったらそれを足して・・・・

 

そして、家に帰って見積もりを凝視。

ん?

なぜにコースがランクアップしてる?

・・・・

・・・・

あ、50万+50万になってるやん!

うーわ、最悪。

とーちゃんに言ったら、

「そんなん、あんなとこで言われたらちゃんと見てられへんかった。メガネも持って行ってなかったしい」

自慢か!

でも、仕方ない。

OK出してるんやし。

確かに祭壇は豪華だった。

たった11人で見るにはもったいないくらい・・・

 

営業さんに、ちょっと恨み言吐いた。

説明不足でしょって。

 

そして、またとーちゃんに入りなおしてねって営業。

入るもんか!

とーちゃんの分使ってなかったら、そのまま、またお願いしたかもしれないのに。

はーい、1件ちーん 撃沈

 

息子に言ったら、

「200万円! そんなすんの! 無理無理、おかんらの葬式出来んわ!!」

ですよね~

 

そしてあたしは探しました。

小さなお葬式

早割に入ったもんね~

お花も一杯だしさ。

あーん、早く死んでみたい て おかしな話やけど(笑)

 

みんな死ぬからさ。

ちょっと死ぬ前に探しとかなあかんね。

いいとこ。

 

退去。

今日は、グループホームへ荷物を取りに。

昨日ネットでレンタカーを予約して、それに乗っていった。

トヨタのバン。

運転楽しい♡

えっさか積んで2時間足らずで終わり。

6時間借りたのに あらら

 

ばーちゃんの3年がここに詰まってる。

このホームに。

ばーちゃんと過ごした37年。

親より長く暮らしたな。

嫁いびりもされたけど、もう時効にしよう。

ばーちゃんも親との縁が薄い人だったから、きっと子供に全力で愛情を注いだと思う。

ちょっと間違えたとこもあったと思うけど(笑)

最後は全幅の信頼をおいてくれた。

あたしの生きてきた道に、合格のハンコを押してもらったようなもの。

ばーちゃん、ありがとう。

最後にこの言葉で締めくくることが出来るなんて、幸せじゃない?

 

今度はあたしがばーちゃんの立場になるんだよ。

みんな順送り。

精一杯生きよう。

 

 

 

 

 

 

そうそう!

香典泥棒らしきやつが、式場に来たよ。

泊まってたとーちゃんと妹が、ご丁寧に会葬お礼渡してやんの(笑)

後でみんなに、あほぼけなすかす言われてた(笑)

ま、ご無事で何より。

四十九日まで、忙しいね。

各種届。

葬式の支払い。

本位牌の注文。

香典返し。

お墓屋さんへの手配。

四十九日の準備。

粗供養の購入。

料理屋さんの手配。

あと、何だ???

忘れたらあかんこと、てんこ盛り。

気が立って、ずーっと眠れない日々・・・・・

つーかーれーるー

何かムカつく~。

ひそひそ

「いろんな支払い、にーちゃんが、おかーちゃんのお金使ってるし。」

ひそひそ

とーちゃんの妹が、旦那と話してた。

当たり前やん、お互い出そうか? と言ったら、

「あたし、お金ないから無理!」

そう言ったやん。

香典も出す気なかったやん。

「御供まで、ばーちゃんのお金使うのおかしくない? 親族一同って書いてあるのに。だから、香典から出そう。」

と、言って納得させたけどさ。

何一つ考えないあんた。

きーらーいー

 

 

ありえませーん。

とーちゃんの妹。

「あたし、枕経、出なあかんかなあ?」

もしもし、あなたのお母さまでは?

最後の日。

12日夕方。

さあ、ご飯の用意すっか~と、1階に降りたら聞こえた声。

心肺停止

え?誰が心肺停止?

聞き耳を立ててたら、漏れ聞こえる声は、ホームの人。

この人、声大きいから、まるでスピーカー状態。

「一応知らせておこうと思いまして・・なんとかかんとか」

一応?

心肺停止なんやろ?

知らせて当然やん!

身支度を整えて病院へ。

もう、ダメでした。

心肺停止してから、1時間くらい経ってましたって、先生。

悲しむ暇もなく、葬式まで突っ走った。

影の喪主は大変だわ(笑)

眠ったような穏やかな顔に救われたなあ。