読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大は小を兼ねたいけどね・・・・・2

何でもないこと、つらつらと綴ってます・・・

ばーちゃん、むむむのあららになる。586

ばーちゃん。

一人でお見舞い。

顔を見るなり、

「あたし、騙された!」

「???」

「昨日一人で出かけてな、ふねに乗ってん。お金ないし、正直にお金待ってませんて言ってん。そしたらな、聞いてますからいいねんて言われた。で、帰って来てん。騙されて乗ったけど、あんたに迷惑かけたなあ。」

「???」

「部屋中蛇が来てな。ほら、まだそこにおるわ。」

「ばーちゃん、あれ、カーテンレールやないの?」

「違うて!腹見せているやんか!わからんか?」

「・・そうか、じゃ、降りてきたら掴んでほかしてやるわ!」

「よかった。あそこの天井に仮面かぶったおじいがこっち見てる。いややわ。」

「・・ほんまあ。おじさん、あっちいって下さいよ。」

手を振って追い払ったふりをした。

「ええ工事してはるで。建物ごと持ち上がってん。」

「ベットが上がったんやない?」

「違う、建物があがったんやて 怒」

「・・ほんま、いい工事してはったんやね。」

「ほんまになあ。」

「あそこから人が見てはるねん。」

常夜灯のカバーに映ってるものがそう見えてるみたい。

「ほら、あたしの息子やら孫が覗いてる。」

「・・心配してみてるんかなあ。」

「そうかもなあ。」

「天井に色々 ビデオ? みたいなやつで映してくれてるみたい。」

「・・よかったなあ、寂しくないもんな。」

「ほんまや。死んだ友達が昨日来てな、一緒に出掛けたんやけど。まだ、もう少し迎えに来んといてって言ったら帰りよってん。」

「・・おばちゃん、何か言ってた?」

「死んだ人は喋らんよ。」

ここはしっかりしてる (笑)

一時間位、手をさすりながら話を聞いてた。

こっちが混乱する・・・・

帰りの車で何か泣けてきた。

ばーちゃんは、ばーちゃんの世界で生きてる。

怖い目、痛い目にあわなければいいけどさ。

こんなせん妄は本人にとってどうなんだろうね。

 

昨日今日は普通の認知に戻ってて一安心。

普通の認知ってのも変やけどね。

 

ひょおおおおん↓