読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大は小を兼ねたいけどね・・・・・2

何でもないこと、つらつらと綴ってます・・・

ばーちゃん入院するの巻。560

とーちゃんのかーちゃん、姑さん。87歳。認知君。要介護3。

グループホームに入居ちう。

二年自宅介護してたけど、体調崩し入院後ホームへ。

昨日、ホームから電話。

とーちゃんが受けて、

「ばーちゃん、昨日から何回ももどして、今朝手のひら一杯血を吐いたんやて。病院に連れて行ってくれって言ってるけど、行ける?」

はああ?救急車もんやん!

「向こうは何て?」

「連れて行ってくれたら助かるって。」

出た、とーちゃんの受け答え。

違う臭いぷんぷん。

電話ひったくって話す。

 

・・・手のひら一杯吐いた中に血が混じってたって・・・

違うやん・・・

「詳細説明出来ませんので、ホームから連れて行って下さい。こちらからも行きますので。」

「は はあ、責任者と相談します。」

おかしいやん!

しばらく待たされて、

「じゃあ、行きます。」

もしもし、保留になってないからマル聞こえでしたけど?

で、ホームのかかりつけの病院へ出向き待つ。

来ない・・・

携帯が鳴る。

「消化器の先生がいないそうなので、紹介状書いてもらって違う病院に行きます。」

・・・あたしら連れて来てたら、先生いなくてエライことでしたやん・・・

また携帯。

「紹介状受け取って来てください。」

・・・ぱしりか・・・命令すんなや。

ここまでで1時間。

指定された病院につき、受付に。

ばーちゃん車いすにのせられてスライム状態。

あっちこっち回され、車いす乗車時間6時間!

ばーちゃん流れて溶けた・・・

 

腸閉塞との診断。

鼻からチューブ入れて、詰まってる汚物を抜き経過観察。

あかんかったら手術。

チューブ入れての治療に1時間強。

ばーちゃん、カゲロウになった・・・

 

朝9時前に家を出で、すべて終わったのが8時 ははは ちーん

朝から何にも食べてなかったのでふらふらするし。

 

とーちゃんはさっさと寝るし、あたしゃ17歳の認知犬が寝るまで世話して、2時まで起きてた。

次の日仕事、6時半起き えーーーん

とーちゃん、家にいる人。

・・・素敵な配偶者・・・

回し蹴りしてよろしいかい?

 

ばーちゃん、しんどくなければいいなあ。

可哀想だ・・・

 

そうそう、配偶者の妹、病院に来たけど役に立たんし、

「顔見て安心したろ?帰ったら?」

「そうか、じゃあ、帰るわ。」

 

おかーちゃんが心配やから いるわ

 

そう言わなくて帰るってすごいよね~

交代するもいわないよ~

30分の距離にいるのにね~

10分くらいで帰るなんてね~

 

 

だからあんたが大嫌い ぷりっ